ライフスタイル

3月8日はミモザの日。大切な人にミモザの贈り物を。

ミモザの日

ミモザとは春に黄色い花を咲かせる愛らしい花ですが、イタリアでは日常のちょっとした時にも花を贈る習慣があります。

3月8日は街中の花屋にミモザがあふれ、イタリアの男性はこの日、感謝の意を込めて女性にミモザを送ります。
男性が日ごろの感謝を込め、夫婦や恋人だけではなく、母親、友人、職場の女性に、黄色のミモザの花を贈るそうです。

ミモザが選ばれたのは貧富の差に関係なく、すべての人が手に入れられる花だったから。

また3月8日は「国際女性デー」。1904年3月8日にニューヨークの女性労働者が参政権を求めてデモを行いました。女性が平等に社会参加が出来るように、現在は国連事務総長が加盟国に対して女性の平等な社会参加ができる環境を整えるように呼び掛ける日となっています。

イタリアではこの「女性の日」の時期に咲くミモザの花をシンボルとして、男性が女性にミモザの花を贈ることが習慣になっています。そのため3月8日を「ミモザの日」と呼ぶようになりました。

日本ではそれほど認知度が高くありませんが、3月8日は世界中で頑張る女性を癒し称える日なんですね。

もらったミモザは、花瓶に飾るだけではなく、胸につけたり壁に吊るしたりして大切に飾ります。花をもらう機会が多いイタリアの女性たちにとっても、ミモザはちょっと特別な花なのかもしれません。

ミモザの花言葉

ミモザの花言葉はイタリアでは「感謝」。女性に感謝を伝えるための花であるところからついたそうです。広く知られている花言葉は、「秘密の恋」や「感受性」「思いやり」「秘密の恋」です。

また「友情」「優雅」などたくさんの花言葉を持つミモザ。贈る時には花言葉を使ったメッセージを添えると、きっと気持ちが伝わります。

一番近くにいる大切な人にミモザの花と一緒にメッセージを添えて、日頃の感謝の想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

面と向かっていうのはちょっと気恥ずかしいものです。花言葉を使うと伝えやすいかも。

 

 

こんな記事もおすすめ